manana

記事一覧(22)

TKさまご感想 ③

(これは、いち受講者様のご感想です。どなたにも同じように起こるものではありません。)manana様こんばんは、TKです。昨日の感想をお送りします。共鳴が始まり目を閉じていると、腰の辺りに細かな振動を感じました。それは少しずつ広がりながら背骨を上昇し、同時に後ろに引くような力も感じました。首の辺りまで来たとき周囲の筋肉が強張って顎が上がってしまい、耐えられずのけ反りながら椅子の背に倒れてしまうと、腰の辺りから大きな振動が起き、体がガクガクと震え出しました。そこでmananaさんからガイダンスがあり、なんとか起き上がって自分の内側にエネルギーのルートを作ると、徐々に振動は収まり体勢も安定してきましたが、体の内側では燃え盛る 炎が走り抜けていました。その炎は電気的なスパークも感じさせる激しいもので、ルートが太くなるのに合わせて大きくなり、私はその中に飲み込まれていきました。炎はどんどん強くなり、轟音を立てながら辺り一面に燃え広がっていきました。やがて炎が弱まってきて、その向こうからひんやりとした広大なスペースが現れました。それまでの激しさとは打って変わった静寂と深い闇の中にしばらく漂っていると、今度は辺りが少しずつ白くなっていきました。それは霧に包まれたかのように淡く柔らかくて、緩やかに拡散していきました。とても軽く、穏やかな空間でした。そこでmananaさんから呼びかけがあり、もとの世界に戻りました。今回の体験は内面的にも肉体的にも強烈で、セッション終了後はかなりの脱力感に襲われました。ただそれは、スポーツをした後のような心地よさを伴うもので、今はとてもすっきりした身軽さを感じます。これが浄化ということなのでしょうか。まだ3回目ですが、サイレンスレゾナンスの凄さには毎回驚かされます。来週も宜しくお願い致します。TK~☆~☆~☆~TKさまこんばんは。ご感想をありがとうございました。先日のセッションは、随分激しかったご様子でした。前回のときにクンダリーニ上昇が起こっていたので、すぐに分かりました。これは、内的な性エネルギーによる覚醒と言われていますね。万一、ルートが確立されていない状態で激しい上昇が起こると、身体レベルに深刻な障害を残すケースもあるようです。様子を拝見する限りでは危険な状況になりかねないと、一瞬の判断が起こって、介入しました。> 徐々に振動は収まり体勢も安定してきましたが、体の内側では燃え盛る 炎が走り抜けていました。> その炎は電気的なスパークも感じさせる激しいもので、ルートが太くなるのに合わせて大きくなり、> 私はその中に飲み込まれていきました。> 炎はどんどん強くなり、轟音を立てながら辺り一面に燃え広がっていきました。クンダリーニ覚醒の炎です。これをお聞きする限りでは、やはり介入しなかったら何らかのダメージを受けていた可能性があります。> やがて炎が弱まってきて、その向こうからひんやりとした広大なスペースが現れました。> それまでの激しさとは打って変わった静寂と深い闇の中にしばらく漂っていると、今度は辺りが少しずつ白くなっていきました。> それは霧に包まれたかのように淡く柔らかくて、緩やかに拡散していきました。> とても軽く、穏やかな空間でした。> そこでmananaさんから呼びかけがあり、もとの世界に戻りました。サハスラーラが覚醒しています。時間に縛られなかったら、もっとそのままで居たかったでしょうね。> 今回の体験は内面的にも肉体的にも強烈で、セッション終了後はかなりの脱力感に襲われました。> ただそれは、スポーツをした後のような心地よさを伴うもので、今はとてもすっきりした身軽さを感じます。> これが浄化ということなのでしょうか。覚醒の炎ですから、何もかもを燃やし尽くす炎です。その後はどんな感覚を感じられているのでしょうか?また、一旦始まると当分の間、深夜から朝方の時間帯にエネルギーの上昇が起こる可能性があります。> まだ3回目ですが、サイレンスレゾナンスの凄さには毎回驚かされます。いえいえ、わたしはきっかけに過ぎず、エネルギー的に支えつつ、お声をかける係のようなもの。実際にそれを起こしているのは、あなたの本質のエネルギーです。それを起こし、それを体験し、それを見つめているのが、本当のあなた自身、純粋な意識そのものです。そこに気づき、それで在ることが普通になってくることが、覚醒です。それは誰にも肩代わりしてもらうことなどできない、あなた自身のこと、ある意味でものすごく個人的なことです。個人はいませんけどね。今回のような一連は誰にでも起こることではない、TKさんのこれまでの準備が万端整っていたからこその、素晴らしいタイミングとして起こりました。これにほんの少しでも臨場しお手伝いできたことは、私にとっても喜びです。ありがとうございました。こちらこそ、よろしくお願いしますね。manana~☆~☆~☆~manana様こんばんは、TKです。>様子を拝見する限りでは危険な状況になりかねないと、一瞬の判断が起こって、介入しました。そうだったのですか(汗)、どうもありがとうございます。クンダリーニの覚醒は指導者の下でなければ危険だというのは聞いたことがありますが、自分にとってはまだ先の話だと思っていました。>サハスラーラが覚醒しています。>時間に縛られなかったら、もっとそのままで居たかったでしょうね。そうなのですか!確かにとても心地よかったです。時間の感覚は、あまり感じませんでした。>覚醒の炎ですから、何もかもを燃やし尽くす炎です。まだ『私』がいる者にとっては想像を絶する世界です。>その後はどんな感覚を感じられているのでしょうか?>また、一旦始まると当分の間、深夜から朝方の時間帯にエネルギーの上昇が起こる可能性があります。変性意識に入るときに感じるような頭部の圧力感があります。少しのぼせるような感覚もあり、喉が渇いたりアイスのような冷たい物が欲しくなります。また睡眠が安定せず、日中急に眠くなったり夜中に目が冴えてしまったりしています。>今回のような一連は誰にでも起こることではない、TKさんのこれまでの準備が万端整っていたからこその、素晴らしいタイミングとして起こりました。>これにほんの少しでも臨場しお手伝いできたことは、私にとっても喜びです。>ありがとうございました。>こちらこそ、よろしくお願いしますね。必要なときにマスターが現れるというのは、本当なのですね。私にはもったいないお言葉です。明日もどうぞ宜しくお願い致します。TK~☆~☆~☆~TKさまお返事ありがとうございます。 >変性意識に入るときに感じるような頭部の圧力感があります。 >少しのぼせるような感覚もあり、喉が渇いたりアイスのような冷たい物が欲しくなります。 >また睡眠が安定せず、日中急に眠くなったり夜中に目が冴えてしまったりしています。しばらくは、そういう状態が続くと思います。変化を楽しんでくださいね。では、明日お会いしましょう。manana

TKさまご感想 ②

(これは、いち受講者様のご感想です。どなたにも同じように起こるものではありません。) お世話になります、Kです。
昨夜の感想です。 初めの共鳴では、まず体がとても緩んでいくのが感じられました。 そして何かに引っ張られるような感覚があって、
自分が体から引きずり出されていくように思えました。
しばらくすると体は粒子状に分解し、微細な振動が起こりました。 アイコンタクトでは上記の振動が徐々に大きくなり、
腰の辺りを中心に大きなうねりのようになって震え始めました。 そしてだんだんと背骨を上昇して、背中全体に広がりました。

ハートの共鳴では体が徐々に溶けていくような感覚がありました。 そして、自分の内側に広大なスペースができ、その中に落ち込んで行きました。
ハートの光が体を包むと、わずかに残っていた体の枠組みも溶けてしまい、
深い海の中に漂うような、深さと広がりだけがある感覚になりました。

今回は、前回と違って熱さはあまり感じませんでしたが、
緩みや振動といったかなり具体的な体感があったのが印象的です。
また背骨に振動が起きたためか、自分がより後ろ側に広がったような感覚があります。

以上です。
また来週も宜しくお願い致します。

K ~☆~☆~☆~Kさま ご感想ありがとうございます。 初めの共鳴では、まず体がとても緩んでいくのが感じられました。 そして何かに引っ張られるような感覚があって、
自分が体から引きずり出されていくように思えました。
しばらくすると体は粒子状に分解し、微細な振動が起こりました。 のっけから、反応が大きかったですね。 ヘミシンクなどで脳の変容は進んでいたのでしょう。
変成意識に入るのが早いです。アイコンタクトでは上記の振動が徐々に大きくなり、
腰の辺りを中心に大きなうねりのようになって震え始めました。 そしてだんだんと背骨を上昇して、背中全体に広がりました。 そうでした。がくがくしてましたよね。 そんな感じだったんですね。 まさにクンダリーニエネルギーの感じと思います。 これが目覚めると、夜半に腰や背中の暑さで目が覚めて、なかなか大変です(笑) でもしっかりグランディングもできていることですから、大したものです。 下位チャクラの心配はないということです。 ハートの共鳴では体が徐々に溶けていくような感覚がありました。 そして、自分の内側に広大なスペースができ、その中に落ち込んで行きました。
ハートの光が体を包むと、わずかに残っていた体の枠組みも溶けてしまい、
深い海の中に漂うような、深さと広がりだけがある感覚になりました。体験はただ体験ですが、それに気づいて観ているのが本来のあなた自身です。 元々のあなたは、このように広大な、何も無いスペースということです。 体や思考感情は今生の体験のために連れてきましたが、その体験はこの気づきのためなのです。 これは本当の自分自身を知るための、とてつももないチャレンジのようです。今回は、前回と違って熱さはあまり感じませんでしたが、
緩みや振動といったかなり具体的な体感があったのが印象的です。
また背骨に振動が起きたためか、自分がより後ろ側に広がったような感覚があり
ます。 体験は毎回違うものです。
時には大した体感のないことだってあるかも知れません。 なので体験を追うことなく、それに気づいている自分自身で在ってくださいね。 ありがとうございました。

manana

KMさまご感想

(これは、いち受講者様のご感想です。どなたにも同じように起こるものではありません。)KMさまこんにちは。ご報告をありがとうございます。いつもお世話になっております。昨日、帰宅しました。その前に心がざわつく人に見送られたことが心に残る以外、心境の変化といいますか、内面にさほど主人と環境から色々影響を受けない自分がいるなと感じました。心がざわつく人って、どなただったんでしょうね。そして、実際に起こる変化は「心境の変化」や「考え方の変化」として表現されることが多いようです。原点体験から学んだ信念観念が見破られることで、それらは落ちていきます。それによってこれまで嫌だったこと抵抗があったことが、何でもないことになってくるんですね。これはとても大きな変化で、当面は驚き、またそれに気づいているという感じでしょうか。私の内部に深く深く食い込んでいた「悩み」というものが、私の外側に出てしまったかのような。悩み自体持てないかのような、内面の心地よさの方にむしろ自然に焦点が合う感じです。はい、悩みが落ちてしまいました。それは単純にエネルギーなので、本質の光に照らされて浄化昇華されました。それはここにはありません。すると本質を覆っていた曇り、カーテン、などが取れて、本質そのものの心地よさがあらわになってきます。それが、今ここ、在る、プレゼンス、本当の自分、ということです。主人とも会話が自然に出来るようになり、変な感じです。いいことなのですけど。笑まだ素直に喜べないですね。でも、すごく変化しました。いきなりの変化が大きいので、まだそれに慣れていないだけです。反応(言葉や感情)は、まだときどき古いものを引きずるかもしれませんが、それらもいずれ無くなります。言えるのは、前回メールでお話した、ご主人の役割が終わったということです。Mさんの信念観念に照らして起されていた、ご主人の言動が必要なくなったわけですから、それが全てですね。以前の感じですと、いちいち悩みに関してあちこちから色々な負の感情や、過去の嫌な出来事を引っ張りだして、今起こった嫌なことにくっつけて益々嫌なことへの怒りを倍増させていたのですが、その一連の流れがほぼ無くなっています。トラウマ、カルマの浄化がなされたということです。それらから得ていた信念観念が落ちると、そうなります。今まで、いちいち過去の嫌なことを引っ張りだして、いちいち嫌な思いをし、いちいちまた嫌な感情に苛まれていたのだなと言うことがよくわかりました。そしてそのサイクルが分断され、無くなりつつあり本当に心地よいです。こんな心持ちになることはどれくらいぶりなのか、いえ、そもそもこのような状態を知っていたかどうかもわかりませんが、色々くっつけない状態がこんなに楽だということにおどろくというよりはくつろいでいます。本当にありがとうございます。素晴らしいことが起こっています。Mさんの願いが成就することが起こっています。ご自身で決めてきたことですから、これは必然として起こってきました。本当に素晴らしい!恩寵を感じます。このような瞬間に立ち合わせてくださって、私もとても嬉しいです。manana

KMさまご感想

(これは、いち受講者様のご感想です。どなたにも同じように起こるものではありません。)KMさまこんにちは。ご感想をありがとうございました。おとといは、ありがとうございました。セッションの後、実家で紐解くような会話が出て来ました。母親と私が仲良くしていると、祖母が嫉妬してイヤミを言ってくることがあったということです。母と会話していて母の口から出てきました。ですので、人の前で堂々と仲良くすることや、幸せなふるまいが私はできません。妬まれることが身にしみて嫌だからです。今はそうやって、こんがらかって一見難しくなってしまったと思っていた過去をほどく作業が起こっているんですね。思い出したそれらをただ眺めて、決して審判しないことをお願いしますね。誰も悪かったわけではなく、ただそれはそうでした。それがそう起こって、Mさんの原点体験として作用しただけです。その学びを元に人生体験を積み重ね、そこから目覚めを模索するのが目標だったのでしょうね。父との関係もなぜか以前に増して気楽になりました。と同時に父親といると、緊張していて、いつも怒られるのではないかという思いにビクビクしていたこと、そこから、早く効率的に動くことばかりに気を取られて、イライラしていたことも浮かび上がってきました。これも白い箱のメソッドの効果ですね。それに気づき、それが良く見えています。その客観性が本質の自己の視点です。2階にいると仲良しな家族なのに、祖父と祖母の部屋のある1階にいると不和な感じになる二面性がある家族でした。私の人への接し方も二面性があるなと思いました。その原点体験の学びによって、その後の反応が決められることに気づきましたね。夫から受ける印象というのは、昔の私の父親(なにをしやべったら良いかわからない、ムスッとしてて怖い)と昔の母親(笑わない)亡き祖母(意地悪)に対して抱いた感情の複合だなと思いました。そのようなことが浮かび上がりました。大きな気づきですね。全てが紐解かれて、ご主人の役割はこれでお終いのような印象ですが、今後が楽しみな気がします。果たしてどのような展開へと続くのでしょうか。人生って本当にドラマですね。セッション中は、最初のmananaさんに意識を向ける時、なにが隔たりがあるなと感じました。私とmananaさんの間にゴウゴウと風が吹いているような。自分に意識を向けると、いつもの真っ暗い自分ではなく、明るく光が感じられて軽いようにも思いました。そうですか。ただそうでした。それまで真っ暗だったご自身の内側から光が感じられることは、大きくカルマの浄化が起こったとも言えるでしょうか。Mさんの本来はそのように、光の存在ですから。 アイコンタクトでは、いつにも増して、mananaさんが2人にずれてみえました。はははは。これは単に両目の焦点が重なって見えていないだけですが。脳のファジー機能で重なるように普段は見えるのが、そうでなくなってますね。最後のハートでは、まっすぐと自分の中心を貫くようなすがすがしいエネルギーを初めて感じることができ、姿勢が自然と伸びました。終わった後は、軽やかでした。とても良いですね。来週も、またどうぞよろしくお願いいたします。こちらこそよろしくお願いします。manana

TMさまご感想④

(これは、いち受講者様のご感想です。どなたにも同じように起こるものではありません。) TMさま
こんにちは。その後の様子とご感想をありがとうございます。mananaさまこんにちは。今年もどうぞよろしくお願いいたします。こちらこそ、いつもありがとうございます。感想です。前々回から、意識を向ける対象が「自分」になりました。最初はどこに意識を向けたら良いのかわからなかったのですが、前々回は、自分の胸あたり、あるいは胸の奥、ハートあたりに向けることで落ち着きました。前回は、胸のあたりが、ズドーンと重苦しい感じがありましたので、そこに自然と意識がいきました。ハートに意識を向けるパートになる頃には、その重苦しさは無くなりました。やはりハートには、色々と溜まっているものがありました。そこが意識に上がって始めて、積極的な浄化が始まるのでしょう。これまではそれにさえ気づいていませんでしたからね。ものすごい進歩と言えます。以前に比べ、家族連れを外出の折に見かけても、うらやましさが薄れてきました。いいなぁとは思うのですが、煮え繰り返るような胸のあたりに渦巻くものがないように思います。これは素晴らしい。
明らかにハートの癒やしが進化しています。今は実家にいるのでまだ、心に余裕があるのですが、自宅に帰るのが本当にイヤでイヤでたまりません。実家に帰ってから、身体の緊張がないことに気づいたからです。自宅にいるときは常にアウェー感でいっぱいなのだということと、繋がりがないこと、守ってもらえなかったし、守ってもらえないことに非常な不安と孤独感を感じて過ごしていることがはっきりわかりました。また、そういう状況になっても決断できずにいる自分を常に常に責め続けている自分もいましたし、います。
今は、そこに気づいたということです。それを自責に置き換えなくても良いんだということに、どうぞ気づいてね。では、次回セッションでお会いしましょう。
manana

TMさまご感想③

(これは、いち受講者様のご感想です。どなたにも同じように起こるものではありません。) もしかしたら参考になる方もいらっしゃるかも知れないと思い、ある日の一連のやり取りをご紹介します。最初の発端のメールは勘違いの部分が大きかったので省略します。その①
TMさまお返事ありがとうございます。度々すみません。昨日の夜のメールのことなのですが、あるブログを読んでいて、その思いが浮上してきたのを書くのを忘れていました。
昨日のパニック的な起こりは「ヒーリングをしたから」ではなく「あるブログを読んで影響されて」というご理解をされたのですね?よければ、そのブログを紹介してもらますか?非常に辛い過去を振り返ってセラピストに成ったということの記事で、私はセラピストではありませんが、その方の経験が自分に当てはまるような箇所があり、まずそれで心が揺れてしまい、そこから自分のしてきたことが間違っているのではないか、という不安がまず出てきて、記憶が蘇って混乱して色々出てきたような感じでした。その記事の内容に同調してしまって、自我の引き戻しを誘発した感じですね。イライラも、相当抑えて過ごしていたことにも気づきました。でも同時に気づきもありました。浄化シャワーを何度かして治りましたので、今はもう落ち着いています。それでOKです。日常的なものは、そうやって乗り切ってください。その上で次回セッションで、古い観念を観て落とすことをやりましょう。浄化シャワーも上手に使えてますし、その気づきと共に来週までに既に昇華していれば、それ以上落とすものもなくなっている可能性だってありますね。何にしても、心配しすぎないことと、その心配している自分の頭のおしゃべりに気づいて浄化シャワーを使ってください。お礼のメールが、質問になってしまい失礼しました。とんでもないです。
大丈夫なので、何なりと言ってきてください。それこそ、我慢してれば的な観念がらみなのかなあと気づきましょう。あと、身体のセットシャワーを受けだしてから、ほぼ毎日お通じがあるようになりました。
そうですか、それも良いご報告でした。感想は、もう少し様子見させてください。朝から失礼しました。TM大丈夫です。
感想は、良いと感じる内容だけでなく、ひっくるめて全部でかまいません。良いも悪いも超えたところに行きつくだけですからね。現状をありのままに見ることが大事です。mananその②TMさま確かに私は、いいことばかり追求しようとしてました。素直に悪い状況を伝えることがとてもはばかられる気がしています。だんだんとそのままを伝えられるようになれるといいです。それに、自分の「気づき」自体に自信がないのです。10年程前に一番最初に初めていわゆるエネルギーヒーリングというものを受けた時に、アシスタントの方としゃべっていて、そのアシスタントの方が自分の経緯とともにアドバイスをしてくれたのですが、横からそれを聞いていたヒーラーが「それ以上言うと気づきの方向性が違ってくるかも知れない(から、やめなさい)」というようなやり取りをしたことがあり、その時に「私の気づきは、違うのかもしれない。合ってないのかもしれない。」というような恐れを抱きました。ですので、気づきがあるとすぐに疑う自分がいます。今はそれら一切を理解してやってますから、何があってもご心配なく、ね。マイナスの部分も抵抗無く言えるようになるには、もう少しかかるのかもです。そのブログは、◎◎さんのリブログされていた「○○○」という題名の△△△という方の21日のブログです。~中略~拝見しました。
◎◎さんのブログは知っていて、以前はたま~に見に行く事もありましたが、最近はご無沙汰でした。で、おっしゃるリブログ記事をざっと読みましたが、言葉の解釈が少しばかり違っていました。いわゆる悟り系と呼ばれているカテゴリで語られる本質とスピ系で語られる本質とにズレがあるように感じました。
この人がどういう人なのかはブログを読み込んでいないので分かりませんが。読んでいてどんどん苦しくなっていきました。(じゃあ読まなければいいのでしょうが…なぜか読んでしまいました。)もともと、◎◎さんのブログを読んでいると、心がズドーンと重くなってはいたのですが、なにかはまってしまいまして。本質を知れば楽になるのだろうかという思いからです。実際、重苦しいエネルギーを発散している記事でしたから、それに同調して苦しくなるのは当たり前でしょうね。これからはこの手のものは読まないことを、本当におススメします。分かっていて読みに行ってしまうのは、同じ質の波動をめぐみさんも持っているから引かれるわけです。
でも、今はそこではないところをやってますよね?それをご自身の意思でやっていて、そこから離れると強く思ってみてね。どこに意識を向けているか、フォーカスしてる先は重要ですから。
あの記事で言っていた本質とは、ブループリントに書かれていることとか、カルマとか、そういった本当の意味での自分自身の本質であるところの自己意識とは違う部分を指して言っています。スピではよくそういう風に一歩手前のことを言っているようですが、何故そうなるかと言えば、彼らが真に自己意識に覚醒してはいないために起こります。
無明の内に真実を知ることはないので、その手前のことしか分からないわけです。自我でそれを解釈しているために起こる誤解です。それらもひとつの段階ですから良い悪いではありませんが、あなたがそこから次の段階へ行こうとしたときには離れた方が良いと思います。今日は、落ち着いていましたが、胃が悪くなってしまいました。胸やけですね。地道に浄化シャワーをさせていただいてます。ストレスで胃がやられましたね。頭の中でもんもんとすることが、まさにストレスとなって胃を痛めることを体験されました。
思考の力って本当に幻想なんですけど、こうやってリアルに感じますよね。ここから離れることができると、それがよく見えるようになります。今はそういう体験をしたと理解されてね。manana
~中略~その③※カッコ内注釈はmanana。全回メール後に胃痛用のHSPSシャワー(ストレスからの胃痛を癒やす設定)を受け取っていただいていました。TMさま(以前のママ友から同窓会で知らんぷりされるというような体験をされて、胸が締め付けられるような辛さが続いていました)そのようなことがありはしましたが、HSPSシャワーをすることで今までの溜まっていたストレスが浮上しているのかなとも思いました。
そんな風に考える必要はありません。それら一連の現象とそれに対して起こる抵抗はヒーリングとは直接関係なく、目覚めが起こったこと、気づきに気づいたことがきっかけになって、浄化作用として、または自我の引き戻しや過去の清算として起こってきます。それによって引き起こされる現象がキツいということは、それだけキツいトラウマが体験されたことです。それらを清算するプロセスが今、起こされてきていますから、そういう理由で今それを見てるだけという理解をもって、出来るだけ巻き込まれないようそこから距離を置くことを意識されつつヒーリングを使ってくださいね。では、また次回。
manana その④TMさまよりご返信mananaさまおはようございます。ご返信ありがとうございます。 清算が起こっているのですね。わかりやすく説明してくださりありがとうございました。基本的なスタンスを取り戻せたような気がします。そこから、距離を置くことを意識して過ごします。次回もどうぞよろしくお願いいたします。よいクリスマスをお過ごしください🎄TM


TMさまご感想②

(これは、いち受講者様のご感想です。どなたにも同じように起こるものではありません。)TMさまこんばんは。ご感想をありがとうございます。mananaさまこんばんは。遅くなりましたが、前回水曜日の感想です。アイコンタクトで、mananaさんの顔が左右2つに分かれるのですが今回は、左側のお顔が途中、透けて向こうが見えました。視覚の変化は脳の使い方の変化の段階でしょう。まずは普段と違ってる感覚でも、変わりなく大丈夫と知ることをやっているのでしょうね。 感じ方のことは、ちょっと変化の度合いを様子見たくて日にちを置いてみました。はい。割と全てのことが衝撃的なこととして常に圧倒されていて落ち着かなくてドキドキしていたのが、以前に比べそれがとても薄くなっています。余計なことを「追って考えない」ということが起こっているようです。長続きしないと言いますか。良く観察されて、気づいていますね。その状況が思考=自我が薄まっていることです。だんだん淡白というか淡々とした感じになり、穏やかさが出てきます。以前なら人と話していて、「こんなこともわからないの?」のようなことでイラッとするところも、落ち着いてワンクッション置いて穏やかに答えることができます。とても良いと思います。これは自分自身の受け入れが進んでいることを示しています。「こんなこともわからないの?」とは、過去に体験したことから、自分が自分にそれではダメだと規制してきたことでしょう。それを他者に投影して感じるイライラですが、原点体験のエネルギーが消滅して自己規制である信念観念が落ちることで消えてなくなります。セッション中に少しお話しましたね。今週は、風邪の症状はおかげさまでなおりましたが、今度は筋肉の凝りがあちらこちらに出てきてだるいです。色々浄化の症状が出てきておもしろいですね。溜めてたんだなと思います。そうやって、理解をもってご自身の体や変化を観ることができるのが、素晴らしいです。思考、感情、体、それらとの一体化が外れてきていることですね。まだ、夫に関しては嫌でたまりませんが、前よりは夫の表情や言い方が柔らかくなっているのが不思議だなと思っています。そうそう、その感じです。まず、ご主人の方が変わったように見えます。実はそれはTMさんの変化ですから、それが投影ということですね。そうこうしてるうちに、嫌でたまらないという感情も薄まってきます。今回もありがとうございました。また、月曜日どうぞよろしくお願いいたします。TMはい。こちらこそ、よろしくお願いします。manana

TMさまご感想①

(これは、いち受講者様のご感想です。どなたにも同じように起こるものではありません。)
TMさま早速のご感想をありがとうございます。mananaさま先ほどは、セッションをありがとうございました。終わってから、とにかく眠気とだるさが襲って来まして、しばらく寝ていました。そしてものすごくお腹が空きました。今も眠いのですが、用事を淡々と済ませている感じです。 大きく浄化が起こってましたからね。沢山眠ってください。それと、終わってから、周囲への「恐さ」が激減しているように感じます。周りの環境にさえも感じていた恐怖が減りました。友人を誘うのもいちいち恐れを感じていたのが、「呼んでみよう」という「気軽さ」が出たようです。セッションで無我の体験をされました。それによって思考が止んで、恐れを感じることも止みました。
恐れが思考によってもたらされていたという、何よりの証拠なわけです。過去に起こった出来事から得た制限に、左右されていただけということです。思考は自我ですから、思考が薄まることは自我が薄まることです。それによって、どれほど現実として感じていたことでもキレイになくなります。ただ今の段階では、思考が戻ると、ある程度恐れも戻ります。この定着には個人差がありますが、一定の期間が必要なことが多いのです。視界の感じは、元に戻ってしまいましたが、今のところ頭の中のおしゃべりはほぼないです。脳みそにシャッターが下りてる感じです。そうですか。それをして、脳みそに麻酔を打ったみたいと表現した友人がいましたがまさに、そんな感じでしょう?おもしろかったというのが後からじわじわ湧いてくる率直な感想です。ぜひまた、お願いしたいと思います。楽しめたようで、私も嬉しいです。とても良い感じです。最初にメールでお話を聞いたときには、一回でこれほど大きく浄化が起こると思ってなかったので、私自身も驚いているのが正直なところです(笑)これまで色々とやってきたことが、実を結びましたね。それと、ヒーリングシャワーのことですが、お腹にきますね。初日から2日ほど、腹痛がしていました。これも浄化です。
お腹に色々溜まってるものがあったのでしょう。お腹には、ストレスから引き起こされる感情が溜まっています。それが浄化によって排出されようとするときに、腹痛や下痢が起こることは、たびたび体験されることです。あとは、申し込みをした時点で膀胱、尿道が調子悪かったのですが治りました。うれしいです。おっしゃってましたね。
治ったのは、何よりでした。あとは、じわじわと、色々溜まっていた感情が湧いてくるので、その度に「浄化
シャワー」を使わせていただいております。そうですね、古い感情は手放されるために上がってきますね。それにジャッジを加えると、また仕舞い込まれることになるのですが、浄化シャワーによって手放しを促すことができます。今のところ、寝る前にそれぞれのセットを1日1回寝る前に1つずつ交代でしています。そのような感じです。ありがとうございます。TMはい、慣れたらもう少し多く受け取れますよ。日常でもできるだけ、楽しさ、快適さといった気持ちに寄り添うようにしてくださいね。manana

HAさまご感想

(これは、いち受講者様のご感想です。どなたにも同じように起こるものではありません。) mananaさんこんばんは。昨日はどうもありがとうございました。貴重な体験でしたし、なによりmananaさんとお逢いできて嬉しかったです。
こちらこそ、来てくださってありがとうございました。わたしもAさんとお会いできて嬉しかったです。眠気とだるさが襲ってきたのは今日でして、予定を変更してお昼寝ばかりしてました。そうでしたか。昨日は若干興奮気味でしたから、今日、よく寝れたなら良かったです。体は休みたがってますし、その間に浄化が進みます。昨日、セッションを受けた直後は、mananaさんの姿が消えたこと以外は正直「よくわからない」感じだったのですが頭頂のチャクラ、サハスラーラが開くと、ホワイトアウトのような体験をします。すべてが真っ白な光に包まれた世界を観るのです。その視点を体験したことです。それをしっかり受け止めてくださいね。本当のあなたは、普段自分と思っている視点ではないことを体験したのです。今日は普段よりも心が落ち着いて(どっしりしている感じで)過ごせた気がします。不動心です。いい感じですね、それでOKです。本当の自分を知ると、そうやって心が迷わなくなります。街中も普段よりよく見えている感じもしました。はい、それを意識してより意識的に行動すると良いですね。より意識的な在り方が、ほんとうの自己の在り方に通じますから。何にでも無意識でいる状態を無明って言います。より意識的であることが、覚醒、意識の光が当たっている状態です。Aさんは、今その入り口に立っていると言えるわけです。ただこの後は、セッションによって一旦上がった波動が、時間の経過と共にどうしても下がるので、元の感覚に戻っていくと思います。なので、定期的なセッションを続けると良いなと思っています。
manana



BSさまご感想

(これは、いち受講者様のご感想です。どなたにも同じように起こるものではありません。) Bさん

こんにちは。ご感想をありがとうございます。manana様お世話になります、Bです。先日はセッションありがとうございました。あれから、色んなものが色あせて見えるというか、興味がなくなったりしていました。そうですか。本質にしっかりシフトしてきた感じでしょうか。
自分にはもうこれ以上何も必要ない
(本質の自己は完全完璧なので、現れの自分はサレンダーしかない)という部分がハッキリ分かり始めると、これまでまだ足らないと自我がさ迷っていたところから抜けます。ああ、これは自我の選択だな、とか。色んなものが違って見えるというか。ジャッジするのが楽しくて、新鮮な感じです。自我がジャッジしてるのが分かるっていう感覚でしょうか。それが気づきの視点です。「在る」が日常にあるというか。そもそもそうなんですね。そう、そこの理解、それが腑に落ちることがとっても大事です。それがないとどんなにクリアでも、気づきが分からないことなのでね。私は悟りとかそういう事興味ないしってずっと思っていたんですけど、そもそも悟りってものを勘違いしていたみたいでした。何か特別な事だと思ってたみたい。みんなそうやって誤解しています。言葉が一人歩きしている、手垢が付きすぎている、というか特別視されすぎて、もう、はるか彼方な感じになってると思います。でもそうじゃない。こんなにも、日常的で、自然な事なら、悟りたい(笑) これなら、両足つっこめるわ~って思いました(笑)そうでしょう?
ほんとにそう。
あまりにも当たり前なこと、ただ生きること。その理解を難しくしていたのが、頭の中のおしゃべりだったってことでした。ってゆうか、これ知ってたわ!って思ったのにもびっくりしました。だから、Bさんはもうとっくに分かってると思うって言いました(笑)ほとんどの人が、もともと知ってます。そもそも初めからこれでしかないのですから。
記憶の限り小さい頃から虐げられていたような、重いカルマの人は分からないって言うかもしれないことですが。未知の領域とか勝手に思ってました。でもそうじゃなくて、子供のころは普通に感じてた感覚。誰もが知っている感覚なんですね~そうそう。それそれ!未知じゃないし、特別は何もない。でもみんな特別な何かと思い込んでいるから、それが分からない。それだけなんですね。継続してセッション受けたいと思ってしまいました。もっと、この感覚を深めたいと思いました。これまでやってきた他のことに興味がわかなくなっています。必要ないと思えます。
けれども、すべてが必要な道でした。あれも、これも、みんな辿ってきたからこその、いまここです。何も否定しなくて良いのです。それって、素晴らしいことなのに、気づくと当たり前なことなのでした。 manana



仕事環境から“うつ”を発症した NKさん

30代前半、女性。2012年末頃からうつうつとして「職場に行きたくない」が始まって心療内科を受診、お薬を飲み始めました。正月休みでホッとしたものの、年明けから一進一退の状態だったそうです。職場では中間管理職で、当時リストラ等の上からの要望を下に伝える立場でした。意に反することの多い仕事内容からうつを発症した様子でした。3月に、朝起きることができなくなった時点で相談メールが届き、ヒーリングシャワーを開始しました。

全く食欲もなく、眠れず、身体が重くてベッドから起き上がれない状態だったのが、その日から朝までぐっすりと眠れるようになり、翌日には会社に行こうという気持ちが出ましたが、まずはもう少ししっかり眠って回復をということになりました。その後数日で事情説明に出社が可能となって、その日から退職を前提にした休職に入りました。

たっぷり休んで、毎日ヒーリングシャワーを浴び続けて1週間ほど経った頃、1人で外出して楽しく遊んでこれることろまで回復しました。転職も上手く行ったのですが、次の職場で1ヶ月ほど経ったころに次の問題が勃発しました。我慢をし過ぎるクセがあり、そのせいで溜め込んだ怒りを、ある日上司に爆発させてしまったのです。その時泣きながらメールをくれました。事態の深刻さにスカイプ面談をし、カウンセリングと浄化を行いました。

2013年8月、ヒーリングシャワー開始から5ヶ月目。非常に落ち着いて気づきも多く、幼少時の古い心の傷に気づき、それを手放すことが起こっています。本当の自由を取り戻しつつあるようです。

2016年9月、開始から3年半経ちましたが続けていただいています。2年ほど前にヒーリング受け取り中、都心の路上で自我がボロボロと剥がれ落ちるというリアルな体験をされて、それ以来ますますクリアです。お勤め人ですが社内での人間関係も良好、運気も立場も上昇中のようです。

ムリを重ねて子宮筋腫から大量出血を起こした YYさん

 40代、女性。若い頃から体力があまりなく、何かとムリをしがちな傾向でした。ある日突然、仕事中に不正出血が起こって顔から血の気が引き、そのまま早退して帰宅しました。販売業で立ち時間も作業時間も長く、休む間のないハードな仕事内容でした。 体力が見る間になくなって、そのまま仕事を継続するのは困難と自分でも理解できたので、仕事を半分のパートタイムに切り替えました。半年ほどなんとか頑張ったけれど不正出血も体調不良も続き、ようやく重い腰をあげて婦人科へ行きました。子宮筋腫の宣告を受け、その大きさから手術を勧められましたが、どうしても手術で身体を切る気持ちになれなかったために、沙羅双樹へ来られました。お会いしてまず、その生命力の薄さ、力のなさを感じました。大出血後半年ですから、チネイザンは無理です。まずは、緊張からくるお身体の凝りをトークセンで解し、エネルギーヒーリングとクラニオワークを使って内面の気の充実を優先しましたが、1回の施術でどうなるものでもない状態です。 その後しばらくして2度目の大量出血を起こし、同時にヒーリングシャワーを開始しました。この期間はさすがに仕事もお休みされたので、ご自身の内面を見つめるのにも丁度良かったようでした。共鳴セッションも半年ほど続けられていたので、気づきが増え、なぜそこまで無理を重ねなければいけなかったのか?自分自身への誤解があったと話されていました。 間を開けて、2ヶ月ほどヒーリングシャワーを受け取って、身心ともだいぶ軽くなり、あとはムリをしなければ自分でなんとかやっていける自信もついた、とおっしゃって終了しました。その時点ではまだフル活動はできないものの、共鳴セッションも続けている効果で、よりクリアになっているご様子です。注)水道の蛇口をひねったように、とか、ドックドックと、とか、不正出血がそんな出方をして、さーっと血の気が引いてしまったら、鏡をみたら真っ白な顔の自分が映っていたら、ソク救急車を呼んでください。大量出血は命に関わります。 子宮や卵巣の問題などは、女性性の軽視=無理のしすぎから起こると感じています。男女平等の時代で、確かに女性も強くなりましたが、子供を産み育てる性である女性というデリケートな部分を、案外みなさん気付かずに男性と同等な仕事をして当たり前と感じるようです。女性と男性は平等ではあっても、同等・同質ではないのです。女性としての質を傷つけないような、無理を重ねる必要のない、その人に合ったお仕事の仕方をして欲しいなと感じています。